ホーンアレンジ2009年03月10日 08時40分05秒

熱でうなされながら、脳内構想してました。

いま制作中のもの(ロボットのダンス用)にホーンセクションを入れる話になっていて、
ホーンアレンジと言うと、どーも大野雄二あたりを連想してしまい(^^;
(それをやり過ぎるとルパン三世みたくなっちゃう)
(どっちかと言うとソリッド・ブラス風に行きたいが・・・)

ベースリズムがダンス系(もっと大元はI've Trance)なだけに、
16ビート基調をそのままだと忙しない感じになるのは必須。
昔からアレンジ膨らませるのって、本人達(笑)が文句言ってこないと
増えないんですねぇ。

本人達=今回はホーンセクション。
って言ってもバンドじゃなくて、シンセそのもの、と言うか
シーケンスなのでコンピュータそのもの、いやシーケンスソフトかも
知れないけど、つまり仮想的な演奏者達、です(笑

そやつらが、アレンジ中に「おい、RitsMatt! オレらにもっと
かっちょいいフレーズ演らせろ!」って・・・。

でもって今回の曲もボーカル案はミクで入れてる。
クライアント側からは一発OK出たー。この辺りはミクの恩恵だなぁ。

ミクって高い声も高く聴こえないんで、生声とギャップがある。
結局はボーカルさんの有効声域に合わすことが必須ではあるけど。
ああ、これを生の女性ボーカルで入れ直すのが楽しみ(^^

ミュージカルのご案内2009年03月14日 19時49分06秒

ってことで、音楽をやらせて頂いたミュージカル
「ペトルーシュカ」の告知が出てます。
http://net.swu.ac.jp/spass/archive/56/0

ちなみに、この演出・監督をやってる方(いま19歳くらいか?)は、
以前RitsMattと歌を一緒に作ったこともありの…↓
http://www.asahi-net.or.jp/~ix5r-mtst/music/mp3s/FH01c-MIXc.mp3
当時高校1年生だったか。パワーボーカルさんでした。
よろしければどうぞ(^^
(って3連休の最終日だな)

ダイナミックマイク2009年03月17日 00時37分26秒

4月に、代々木のスタジオで録りをしそうな感じ。
(自主制作アニメの主題歌です)

いま持ってるRODEのコンデンサより、ダイナミックが一つ欲しいかな。
楽曲の持ち味からすると、繊細さよりパンチ感が欲しい。
多分、SHURE SM58かな。でもこれライブ向きか?(笑
で、これに真空管アンプを通す。あとはDAWでEQいじる。
過剰なドライブは不要。微妙にヌケが良くなればOK。
いずれAKGのSOLID TUBE 辺りが欲しいけど、高い(^^;

今回は女性ボーカルさん3人。
(ってかCVさん。アニメ本編のセリフ録りもするらしい?)

うち一人はよくレコしてるので、大体セッティングは分るけど
(マイクの位置や角度など)、他の二人は初めて録る子達。
うーん、キンチョー(笑

ボーカロイドだと、こう言う楽しみが無いんだよなぁ(笑)。

ボーカロイド5人衆の歌、公開。2009年03月18日 07時55分21秒

今回、ミックスだけやらせてもらった、
ボカロ5人衆の名曲「ずっと、ずっと・・・」が公開。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6465207

ミク役(りこ。)の先導で集まった方々の5声のミックスを
やらせて頂きました。

で、恒例のレビュー。

結局今回は鎖は使わず。
5声で、それぞれの声を厚めに鳴らすと、ロックサウンドと言えどオケが負けちゃう。
この状態で鎖使うと、オケがマジ消えちまう(^^;
また、声質や女声・男声の違いで音量感ってガラっと変わるもんだ。
今回は3種類のモニターSP,3種類のヘッドホン、2種類のイヤホン、
3種類のリスニングシステムで試聴、どれで聴いても同じように聴こえるように。
仮焼きのCD,何枚費やしたことか(笑

つまり、三軒茶屋2009年03月21日 22時13分49秒

ってことで、都心を抜けて、いま三軒茶屋の某所に潜伏。
一泊¥500。あー。ヒマだなぁ…。

今日はホントに楽しかった。チロルチョコロボット大会3
>まさゆきさん、お疲れ様でした!
そのうち、どっかにレポートが載るかな。

RitsMattの作った曲、テーマソングやらBGMやら、8曲くらい?
が大会会場で使われた。これ程嬉しいことはなかった(感涙
近々、クロスフェードでmp3にしてサンプル載せようかな。
サントラの件、また相談させて下さい。>まさゆきさん

さて。明日は、ミュージカル観劇。昭和女子大学さま。
こっちは舞台音楽。初めて担当させていただいて、
これもドキドキもので明日は観劇しよう。

うーん、まだ寝れない(笑

ペトルーシュカ(昭和女子大学さま2009年03月23日 09時01分08秒

パンフレットに「楽曲提供」で名前が載ってるけど、
「M」が小文字だぞ(笑

ってことで観て来ました。うむ!素晴らしい!
ラストは涙腺緩んでしまいました。

  人は、どんなに頑張っても他の存在にはなれない。
  でもだからと言って殻に閉じ篭ってはいけない。

勇気を貰える舞台でした。
1回だけの公演じゃ勿体無い、と思った。

また機会があったら、RitsMatt使ってやって下さい(^^

Cubase52009年03月28日 19時02分07秒

キター!

しかし、Cubase4も殆ど使い切ってないのに…。
また、電話帳のようなマニュアルを読むのも(^^;

ボーカロイド、メリットのひとつ2009年03月30日 01時02分56秒

楽譜の読めないボーカルさんが増えている。
(いや、読むのが面倒なのか?(笑))

クライアント様から歌詞をいただいて、
それにメロディを付けてアレンジもするのだけど、
メロディをインストで作ると、歌詞の言葉数と音数が合わないと、
ボーカルさんから「りっつさあん、歌詞とメロディ、合ってませんよぉ」と
突込みが来る。

そう、例えば「あなたの背中 見つめてた」と言う歌詞があって、
途中の「め」を伸ばしながら音の高さが変わるような場合。
インストのメロディだけだと、ボーカルさん側は、どのように
メロディに歌詞を割り当てていいのか分らない(そりゃそうだな)
それはクライアントさんも一緒。

そこで仮歌をボーカロイドで出すと、「ああ、「め」を伸ばして、音が変わってるのか」
と解ってくれる。これはメリットだな。作業時間が短縮される。

仮歌に於ける、ボーカロイドのメリットの一つと言うことで。